2016年11月23日水曜日

限界

ここ三日ほどの記憶がない。

今月から再開する予定だった生活保護は、無理になった。月初に相談した時点で、役所のケースワーカーがきちんと説明してくれていれば、それはわかることだった。つまり無理になったとうか、初めから無理だったのだ。にもかかわらず、生活保護再開を前提にその後のスケジュールを組んだ。11 月半ば、再開のための準備が整い、二度目の相談の電話を掛けたタイミングで、無理なことが発覚した。ボクは自分も含めて、無能な人間が嫌いだ。嫌いというか、一切の価値を感じない。ケースワーカーは無能で(というか加えて多分保護再開させまいという悪意があった、よくある話だ)今後の生活に深く関わる問題を引き起こしてくれた。引き起こしたというか前提条件を無かったことにされた。この時点で、諸々の予定は全て狂った。保護再開のための準備も全て無駄になった。

最初はそのふざけた現実に怒ってもいたけれど、次第に「何も」感じなくなった。体の痛みも含めて、全てが遠く感じた。体もかなり限界に近かったけれど、心の方も知らないうちに限界だったみたいだ。
思い返せば 11 月に入った辺りから、自分はおかしかった。自覚がなかったわけではないけれど、そこまで重要視していなかった。体の痛みは、そのままストレスとして心にもダメージを与える。結果として、情緒不安定になることはこれまでにもあった。その経験があったから、最初はまた「いつものこと」だと思った。アニメでも見て寝ればすぐ収まると思っていた。

その状態が収ることもなく二日ほど続いた時点で、事の異常さと重大さに気づいた。明らかにまともじゃない。二日も続くことなんて、これまでにはなかった。
三日目くらにに、これではまずいと思って無理矢理に意識を現実に引き戻した。少しずつでいいので、元の生活に戻らないと、予定もあったし現実にも問題だった。何も受け付けなかった心は、少しずつ痛みや怒りを覚えるようになった。

そんなギリギリの状態で、人と会う予定をこなしに外出した。本来の目的は、今後について相談したいことがあったからなのだけれど、なんとか自分を保つので限界だった。まともに保てていたかどうかも怪しい。何の目的も果たせずに万世でハンバーグを食べて、とりとめもない会話をして…できてなかった気がする、兎に角それで終わってしまった。

ここで「本当の」限界がきた、のだと思う。万世から帰宅してからことを、何も覚えていない。推測だけれど、全てが遠く、何も感じなくなっていたのは、心の自衛だったのだろう。それなのに無理をしようとした。結果、脳がこれ以上、心身を疲弊させまいとしたのだと思う。結果として、考えることも動くこともできなくなった。極度の喉の乾きに耐えられず水を飲んだことと、ついでになんとか薬を飲んだことだけは覚えている。薬を落としたことも思い出した。

時間感覚もなくなって、一日二日くらいと思っていたら、三日経過していたらしい。つまり今だ。携帯の充電ができていなかったのもよくなかった。こんこんと眠り(睡眠とはほど遠い状態な気がするけど)続けていたら、来客を知らせるチャイムがなった。ボクの病気の良いところ(悪いところでもある)は、どんなに痛くても気合いで動こうと思えば動けるところだ。無視する選択肢もあったはずだけれど、無視すべきかどうかの判断もできなくなっていたので、体が先に動いていた。

鍵を開けたら急に玄関が空いた。急に開けられると思っていなかったので、そのままつんのめって倒れそうになったところを、来訪者に支えられた。顔を見ても、数瞬誰が来たのか分からなかったくらいだから、相当酷い状態だったのは間違いない。
来たのは元同僚だった。三日も連絡が取れなくなっていたのを心配してきてくれたのだ。状況がわかった今と違い、何もわかっていなかったボクは、完全に混乱していた。何故いるのか、全く分からなかった。理由はすぐに本人の口から少し語られた。そこではじめて、心配されていることにようやく気づいた。ボクは兎に角心配させまいとして、あれこれ適当に返答して、帰してしまった、気がする。今日のことなのに、どんなやりとりをしたのかはっきりとは覚えられていない。
悪い癖だ。最悪だ。心配させたくないのはいつもそうだから仕方ない。しかし、自分の状況もわかっていない癖に、大丈夫だと言いはってしまった。相手の気持ちなんて何も考えずに、強引に帰らせてしまった。いくらボクでも、玄関が空いたくらいで倒れそうになったりしない。覚えていないけれど、鍵が開くと同時に思いきり開けられたのだろう。家に来るだけでも相当だ。それだけの心配をかけてしまっていたのに、ボクは混乱して、失敗した。

その事実に気づいたのは、帰してからベッドの上で呆けて、暫くたってからだった。酷いことをしてしまったと気づいた。とんでもなく酷いことをしてしまった。相手の親切心を一方的に無下にした。案外、自分が思ってるよりも大したことじゃなかったのではないかと考えて、その自分勝手さを恥じた。本気で死にたくなった。病気がどんなに辛くても本気で死にたいと思ったことなんて一度もない。病気のせいで、自分のせいで他人に迷惑をかけることの方が、ずっとしんどい。

さすがにいい大人なので、いつまでも泣いている場合ではないことくらいは分かっていたので、適当に生存報告をツイッターにして、一先ず休んで、今に至る。

まだ心身ともに休息が必要なことはわかっているけれど、これだけは残しておきたかった。こうやって文章に残して戒めても、また失敗するんだろうけど。
もう寝る。フリック操作するても限界だ。

2016年8月2日火曜日

近況

体調がよいのに天気は大荒れで、外に出られる体調だというのに引きこもっている。おまけに天候のせいで回線が不安定で netflix もまともに見られない。うんざりだ。

以前の仕事が終わってから、早いもので一ヶ月が過ぎた。殆ど寝てるだけだったような気がする。無限に貯蓄があるわけもないので、再来月には仕事を再開しないとまずいのだけれど、引きこもりの病人に仕事のあてなどさほどなく、声をかけていただいても、結局は難しいですねという結果に終わることが多い。社会は厳しい。

病人なので病人なりに生きていくしかないことは嫌というほどわかっている。しかし現在のボクの病状では、社会で働いて生きていくのは、分かってはいたけれど難しいみたいだ。社会に拒絶されている。別に働く必要もないし、そも医者から部分就労の許可も出てないのに働くなという話もあるんだけれど。

退屈だ。

2016年6月10日金曜日

イヤホンをかえた

show by rock に SADAME という曲があって、とても気に入っているのだけれど、聴く度亡くなった母方の祖父の事を思い出して辛くなる。単純に、祖父が亡くなった時にずっと聞いていたので思い出すだけだ。音楽が聞けるようなものは、携帯しか持って帰らなかった。

朝一に、母から危険な状態だという電話を貰ってすぐ、準備もそこそこに家を出て、緑の窓口にイラついて、新幹線に乗って(この時や実家などで聴いていた)、ローカル線に乗り継いで、タクシーで病院までいって、受け付けで祖父の事を聞いた頃には、もう祖父は亡くなっており実家に移されていた。後から聞いたところでは、母が病院から連絡を貰った後、割りとすぐ亡くなったらしく、徒労だった。どの道、自宅から病院までは四時間弱かかるし、間に合うとも思っていなかったけれど。だったらなんで無理して朝一に家を出たのかと言われても、よくわからない。でもそうでないと納得がいかなかった。
弟はいつも通り、昼過ぎに帰っていた。あんまり違うから比べられることも余りないけれど、兄弟で要領がいいのは確実に弟の方だと思う。
そのまま病院から歩いて実家まで帰ったら(病院は病人のボクでも余裕で行ける程度に実家から近い)、葬儀屋が母と何やら話していた。適当に挨拶して、亡くなった祖父を見て、その前に帰省した時と同様に、痩せたなあと思った。最期に会ったとき、お互いもっと食べないといけないという話をしたけれど、ボクの方は相変わらずだ。ベッドの上で一日の殆どを過ごしているにも関わらず、体型が変わっていないのは結構すごいのではないか。実際には筋肉が痩せまくってるんだけれど。

帰って祖父の顔を見るまでの事はぼちぼち覚えているけれど、その後の事はあまり覚えていない。薬の時間も無視して飛び起きて実家まで帰れば、当然体にそれなりの負担がかかるわけで、そのままダウンしていた気がする。その後も体調は順当に悪くて、諸々終わるまでずっと痛みと戦う事になった。痛みはこっちの都合なんて知らないもんだから、十分に悲しむ暇もくれなかった。

最近イヤホンをまともなもの(といっても安物だけれど)に変えた。なんか鳴ってるなあ程度だったリフはちゃんと聞こえるし、ベースもはっきりと聞こえる。ろくに聴こえてなかったおかずもコーラスも聞き分けられる。なんでも一定ちゃんとしたものを使わないといけない。SADAME はまだましな方で、曲によっては完全に聴こえ方が違いすぎて、こんな曲だったのかと思うこともある。

記憶もお金の力でくっきりとできればいいんだけれど、何もかもどんどん曖昧になっていく。葬式の後は何を食べたか、焼却場まで向かうバスから何を見ていたか、骨壺にどの部分の骨を入れたか、坊さんはなんといっていたか。骨壺を祖母がお寺に忘れそうになっていたのはよくよく覚えている。

痛みが酷いと意識も曖昧になる。悲しいだとか憎いだとかいった感情の一切もなくなって、痛い以上のことを考える余裕がなくなる。時間感覚も狂う。命に関わる病ではないけれど、こんなになったら普通はそりゃ死ぬよあな…と似たような病気で自殺したアナウンサーの記事を稀に見るたび思う。病名で検索しても、最近は検索結果に出てこなくなった。そもそも近いだけで同じ病気じゃないから当然という気もする…鬱になったり自殺したりする人は結構いるらしい。そもそも診断がつかず病院をたらい回しみたいなことになりがちな病気なので、潜在的な数は出てる数字よりもそこそこ大きそうだ。ボクは五年も経つというのに未だにしつこく生きている。希死念慮は痛みですり減って、縮こまってしまったのだろう。生きるのも死ぬのも難しい。

特にオチ等はない。

2016年5月30日月曜日

お仕事

昼間ダウンしてて全然眠れないので適当に書くことを書いておく。
今の仕事は、六月一杯でひとまずおしまいということになった。

プロジェクトのフェーズが UAT に入り、一旦開発は落ち着くことになるので(そんなわけは勿論ないと思うけれど)、契約更新はしない、とのこと。必要になったらまた声かけるかも、みたいな都合のいいことも言われた。これに限らず都合のいい要求は多い。どうやったら、そこまで楽観的でいられるのだろう。

契約的なゴールは特にないけれど、プロジェクト的にはゴールというのは存在する。しかしそれとは別に、自分の中にいくつかのゴールがあった。まとめるとそれらは「レガシープロジェクトの正常化」の一言に集約できる。
十分に達成できたかと言われると、できなかった。これがある程度達成できるまでは、自分としては契約更新するつもりだったので、今回更新しないといわれて、参ったな、と思った。次の仕事を探さないといけないとかもあるけれど、今のプロジェクトでやらなければいけないことが、まだ全然終わっていないのに、という気持ちが最初に出てきた。次に、もうこの地獄のような状況で働かなくていいのか、地獄をどうにかすることに頭を悩まさなくていいのか、と思った。

結局、自分の稼働率、力ではこんなものか、というやるせない気持ちになったりもした。稼働率ではどうにもならない部分もあるのだけれど。歴史的な部分とか政治的な部分とか。そこももう少し改善したかったけれど、そこを自分が改善するのはよくない。お客さんが解決すべきことだ。発破はかけた。やれることは一応やったと思う。結局お客さんは大して動かなかった。

数ヵ月にわたって導入、改善を要求してきた CI 環境は未だにダメなまま。プロジェクト、チームの管理もダメ。自分のチームだけ少しましにしたけれど、全然不足。あれもダメこれもダメ。入ってすぐに洗い出した問題点は、結局半分も解決できなかった。
CI 環境に関して言えば、お客さんを無視して勝手に作るべきだった。判断を誤った。作るだけ作って、これは自分(達)の仕事の効率をあげるためとか適当言えばよかった。

優秀な人間を二人プロジェクトにいれられたのは良かった。自分が抜けても、自分より優秀で自分より働ける人が残るなら、まあいい。いつまで残るかは知らないけれど…お客さんは、ボクとの最初の契約を結ぶ時、これから人員を増やすとかいっていたけれど、まあ案の定増えなかった(一応週一の人が一人増えたんだっけ?)。何をやっているのだろう。

最後まで不思議だったのは、何故お客さんが、お客さんの上司にクビにされないのか、ということ。はっきりいって能力がないし成果も芳しくない。認識はあるようだったので優しい人なのかもしれないし、諦めているのかもしれない。お客さんは、人付き合いがうまいとか、外部とのコネがあるとか…多分一緒にお酒飲むと楽しいとか、そういう類いの能力で生きてるのだと思う。その手の人は、結構いるし、必要なこともある。しかし今のプロジェクトには、もっと必要なものがたくさんある。

色々ショックなこともあった気がする。今回の仕事は病人が復帰一発目にやらせていいものではなかったと思う。始めは大分無理をした。何故自分に声をかけたのか、と問いただしたけれど、返事は曖昧だった。あと、紹介してくれた人の技術力が思っていたより遥かに低かった。立場が立場だし、仕方ないとは思うけれど、そこまで面倒見きれないよ、というのが正直なところ。

愚痴みたいになってきたのでこの辺にしよう。まあ、頑張ったんじゃないかな。誰も誉めてくれないから、自分で誉める。今度近くのバーにでも久しぶりにいこう。
次は、どうしようか。選択肢なんてないから、結局誰かを頼るしかないんだれど。ボクは弱い。社会的に人間的にも。

この前頑張るなんて書いたばかりなのに、あと一ヶ月か。まあ仕事しつつ仕事探さないといけないし、そういう意味では頑張らないといけない度は増してるのかもしれない。

矢張りボクのような病人が働くのは難しい。いつまでうまくやっていけるだろうか。病気が治りでもしない限りは、どうせいつかドクターストップがかかるか、ボクの心が折れるだろう。

世界はきれいなだけじゃない。それでも生きていくしかない。終わりがくるまでは。これは平成ライダーの…なんだっけ。兎に角そういうことだ。

2016年5月22日日曜日

近況

近況としては…GW に実家に帰省したところ、しっかり風邪を貰ってきてしまい、一週間ほど死にそうになったあと、更に一週間、原因不明の体調不良が続いて(風邪は治っていた…)今に至るという感じ。
体力の低下と、最近の暑さが良くなかったのかもしれない。もう夏日が続くようになってしまった。とりあえずクーラーは導入済み。電気代を気にしている場合ではない。働けないよりは電気代一万払ったほうがいい。しかし、クーラーをつけてるとお腹を冷やすので、毛布出してきてる…何かがおかしい。

瞬間瞬間を切り取れば、実際大した痛みではないと思うけれど、それが 24 時間続くというのは本当にしんどい。今更だし言っても仕方ないんだけれど。それを言い訳にもしたくないけれど、しんどいものはしんどい。
雇用形態、というか契約上、働かないとお金は入ってこない。いやそれは当たり前か…まあ兎に角、回復休暇とかそういうのがない。このままいけば今月は殆ど収入がないことになるはずだ。突然二週間も働かなかったんだから、お金の問題だけではない。焦るし、不甲斐無いし、申し訳なく思う。レッスンにも一ヶ月近くいけていない。この前トレーナーの人からいつでも待ってますよというお便りをわざわざ頂いてしまった。

焦ってもどうにもならないんだけれど、現実には働かないとお金は入ってこないし(今月は家賃分もまだ稼げてないくらい働けていないので本当にまずい)今の状況はさすがに焦るなというほうが無理だと思う。焦って動いても、やはり無理なものは無理なんだけれど…どうすればよかったのか…

世の中には結構たくさんどうしようもないことがあるけれど、ボクにはそれが多すぎるような気がする。

結局の所やっぱり甘かったなあと思う。別に病気が良くなったわけでもないのに、部分的にでも(最初はフルタイムでなんて考えていた、馬鹿な話だ)社会復帰しようなんて。歳も歳だし、いい加減寝てばかりもいられない等と色々考えた結果だったんだけれど、うまくいっていない現状を鑑みるに、ボクの人生は矢張りどうにもならないらしい。

人並みに、全うに生きられるなんて思っていないけれど、病人なりに何とか生きられないかとは思っていた。現実はやっぱり厳しい。どの面下げて社会に出てきてるんだという感じがする。

特に纏まりも結論もない。ただの愚痴です。頑張ります。

2016年4月9日土曜日

お仕事

三月末の契約更新は普通に行った。以前提示した額は普通だったけれど今回は案件が案件なので矢張り安い、ということで上げさせてもらった。妥当な額かどうかは矢張り分からない。個人事業主って難しい…

プロジェクトは、まあ兎に角ダメである。問題の根本を見据えず、目の前の課題で手いっぱい、そこに仕様変更やらがきて…と良くある状況。その上自分のチームは一番大事な箇所を担当しているにも拘らず、単純にマンパワーが足りない。やっと一人入った(誘った…)けれど、それまではボクを含めて三人だった。三人中二人はフルタイムコミットできない。これでマンパワーが足りるわけもない。比較的まともなとあるほかのチーム(というか社)も手を引きたがっている。こんなのでうまくいくはずもない。全体として成功させようという気持ちがないし、そういう空気を作っていこうともしていない。チームをまたいでプロジェクトを横断して引っ張っていく人間の不在もしくは能力の無さか、歴史的経緯か。繰り返しになるが何にせよ兎に角ダメである。

仕事の進め方もまずい。不明瞭なゴール、不足しているコミュニケーション、まともにない開発をサポートするためのツールや自動化、何より開発者と技術的なことも含めて話せるマネージャの不在。
リソースの不足は、まず効率をよくすること、人間なら開発環境の改善、マシンならスペックの向上、次に単純に足すこと、人間ならまあ適当にアサイン、マシンなら分散したりとかまあ色々。そういう発想が全くないようで、明らかに間に合わないゴールに向かって特に対策もせず突き進んでいる。
現在チーム(三人しかいないけど)のリーダー的な位置に居る人は、正直うまくないな、と思う。仕事の仕方が体力任せなところがある。経営者系によくあるパターン。彼らはどうしても体力がないとやっていけないところがあるので、淘汰されて大体体力のある人間だけが残りがちなんだけれど、それを開発者という立場でやられると、とても困る。技術者が技術に頼らないのは本当にダメだ。
そもそもプロジェクト全体として技術的にダメダメなんだけれど、これは一朝一夕では改善できない。するなら全員契約破棄して他所からもっとハイスペックな人間連れてくるとかだけれど、それができないから今があるわけで…ボクみたいな病人にすら声がかかるわけで…

問題は本当にたくさんあるけれど、全く改善されていないというわけではない。色々小うるさく言ったおかげか少し動きはある。ただどうにも根回しが不足していたり、結果使いこなせていなかったりと、大変厳しい。その癖、裁量、権利は与えてくれないので、一々説明したり説得したりしないといけない。これはツイッターにも書いた気がするけれど、マネジメントというのは、結局のところ、何処まで任せるかという話だと思っていて、その点から見ると、現状最低限しか任されていない。一人誘って入ってもらったけれど、ハイスペックな人間が入ったところで、力を十分に発揮できる環境ではない。当然スペック低い人もそれなり。なんともなあ。お客さんの方でも人は増やさないといけないということは把握していて(してなかったらまあボクに声かからないな…)、今後人が増えることは想定していたので、人が入ってきたときにすぐに仕事に取り掛かれるように、現状の属人性の高い部分とかを色々やっつけたかったんだけれど、ボクの限られた稼働時間ではとても無理だ。割と時間外労働というか、指示されてないことをこっそりやっていたりするんだけれど、なかなか…まああんまりするべきではないし…

お客さんが何故か開発経験ないっぽいのに、少し技術について知っている(自分が本当は何も知らないことを認識できない程度に知っている)からか、その辺コントロールうまくできると思ってるっぽいのが、マネージャの不在の次に大きい問題となっている。ボクはもうボロクソにいって(嘘、流石にお客さんなので、ちょっときつめにいうくらいです…)貴方はもうだめなんですよと暗に伝えようとしているんだけれど、何かよくわからないけれどやたら前向きな人でどうにもダメである。正直どういう脳をしているのか分からない部分がある(悪い意味ではなく)。何故二度プロジェクトをダメにしている人間がまだいるのか不思議だったけれどこの前向きさでごまかされているのかもしれないなあと思ったりした。もしくは、上の方の人は成功させる気がないんじゃないかな。

うんまあできることからこつこつとですね。責任感を感じすぎてる。よくない。ボクみたいなロートルが月に 40 時間程度の稼動でどうにかできる問題やプロジェクトではないのだ。ボクはボクの人生にコミットしたほうがいい。分かってはいるんだけれどうまくいかないから、病人やってるんだろうなあ。

2016年2月17日水曜日

体調とか仕事とか

低気圧に振りまわされっぱなしで、特に先週末は酷かった。日曜は死んでいた。普通に平日にも尾を引いてお仕事に影響した。あんまり症状が酷いと、筋肉の方にダメージが残るので辛い。というかなんか今日も調子悪かった。なんでだろう…まだダメージ残ってるのかなあ…

お仕事の方は、大体駄目そうである。このままじゃ駄目だと思いますよということはお客さんには既に言ってあるが、何故かそっちじゃないよ、という方向に進んでいるように感じる。
自分が能力を十分に出せない場所で働いても仕方ないし、三末の契約更新普通にしないでいいのではないかという所。ただお客さんとしては、四月以降プロジェクトの正常化にアドバイスして欲しいとのことだったので、一応その気があるなら残るか…という微妙なところ。

水のないところで魚は泳げないし、砂漠にスポーツカー持ってても仕方ないという話で、自分が能力を発揮できないところにいても全損だろうから、駄目だと思ったら本当に抜けたいんだけれど、今後改善したいですと言われてはいるのでうーん…うーんという感じ。

まあそもそもプロジェクトマネージャーがいないおかげでどうしても仕事がうまく回らない。仕様と仕事が降ってきたので手を着ける→仕様に質問→仕様検討漏れとか実装可能性検証漏れみたいなのばっかり。なんでやねん。まあプロジェクトの経緯がまずすぎという感じがする。あとなんていうか何で一度プロジェクト爆破してるのにこんなに駄目駄目なんだ。

まあいいけど 体が痛いんだ 気分が悪い